fantaisie droguerie  - Leather item - 使い込まれた風合いが魅力なトートバック
レディース・メンズ問わず永く愛用できる
デザイナーがこだわりぬいた 素材・デザイン・風合いのレザーアイテム

お買い物カゴを見る
put it near      bag       wallet        others       leather TOP      fantaisie TOP


リサイクルテントファブリックレタートート    3900円(税別)


リサイクル トートバッグ テント バッグ


-----------------------------------



ユーズドの軍用テントの生地を再利用して 
つくられたファブリックトートバッグ

ユーズドの風合いをそのままに
魅力的に作られたバッグは

全く同じものがない
バックとなっています 
 

マチもたっぷりあって
収納力も◎な 味のあるトートバッグです



-----------------------------------



リサイクル トートバッグ テント バッグ


リサイクル トートバッグ テント バッグ

リサイクル トートバッグ テント バッグ

リサイクル トートバッグ テント バッグ

リサイクル トートバッグ テント バッグ
ポケット A と K の反対側はそれぞれ   ↑の ラベルが付いています                                  

リサイクル トートバッグ テント バッグ

リサイクル トートバッグ テント バッグ



リサイクル トートバッグ テント バッグ


-----------------------------------


サイズ /  画面参照

素材  リサイクルテント

ユーズドの風合いを魅力とし
そのまま生地を採用 製作の為 シミや汚れ 使用に
問題のない程度の ほつれなどが 見られます

 
-----------------------------------
  商品により誤差が生じる場合や
  着用されるとサイズ感が異なる場合がありますが
  ご了承ください
-----------------------------------



リサイクルテントファブリックレタートート 
A

 
3900円(税別)


注文数




リサイクルテントファブリックレタートート 
K

3900円(税別)


注文数




------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




                                  ナチュラル レザー バッグ 
                                  バッグページに戻る

  ** リネン雑貨のまめ知識 **

 リネンは明治時代までに日本に中国から亜麻として入ってきたのですが ヨーロッパから日本に本格的に入ってきたのは
 明治時代はじめになってからです。
 明治20年頃北海道でその栽培が開始されたのですが リネン畑があったのは現在の札幌市麻布 なのだそうです。

 実は私 実家が札幌で麻布でも仕事をしていた経験アリなのです。 地名の由来など当時は気にもしていませんでした。
 東京の麻布をマネたのかな--?なんて思ってました。
 リネン畑だったから麻布=麻の布?素敵な地名じゃないですか?? 一気に麻布に対するイメージが変わりました。

       ナチュラルな洋服のネット販売 リネン コットン スカート ワンピース パンツ チュニック キャミソ
 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------